Vol.152(2) 第18回ダノン健康栄養フォーラム「腸内細菌と健康」アンケート結果

メールマガジン「Nutrition News」 Vol.152
第18回ダノン健康栄養フォーラム「腸内細菌と健康」
アンケート結果
平成28年10月8日(土)、有楽町朝日ホールにて、第18回ダノン健康栄養フォーラムが開催されました。「腸内細菌と健康」をテーマに、最近話題となっている腸内細菌について「免疫」「ストレス」「メタボリックシンドローム」「プロバイオティクス」という4つの切り口からご講演いただきました。また、栄養関連の平成28年度診療報酬改定について、特別講演にてご解説いただきました。会場には583名が来場され、熱心に聴講されていました。
 昨年に引き続き、様々な事情により会場で聴講することができない方のために、事前登録にて全国各地で聴講することができるライブ動画の配信も行い、約100名にご利用いただきました。
 今回は、第18回ダノン健康栄養フォーラムのアンケート結果をご紹介します。
※回答数=447(会場:412、ライブ配信:35) 。

参加者の職業

 参加者の職業は「管理栄養士・栄養士」との回答が圧倒的に多く、「研究者」「医療関係者」「教育関係者」と続きました。また、「その他」の回答について、例年は「保健師」や「健康運動指導士」などが目立つのですが、今回のフォーラムでは「食品メーカー」が多かったことが特徴的でした。この傾向は、テーマである「腸内細菌」の話題性や、健康との関連性の高さを反映したものであると考えられます。

vol152 zu1

フォーラムの内容について

 第18回ダノン健康栄養フォーラムの内容については、「良かった(大変良かった+良かった)」との回答が約90%を占める結果となりました。その理由としては「最近話題の腸内細菌について知ることができた」「日ごろ疑問に思っていたことが解決できた」「腸内細菌と疾患との関係について理解できた」「業務に活かせる内容だった」などの意見が多く挙げられました。

vol152 zu2
 
 当日の運用面や配布資料などについてのご指摘も含め、ご参加いただいた皆様からいただいた貴重なお声を反映しながら、今後もより多くの方にご満足いただける「ダノン健康栄養フォーラム」を目指してまいります。

第19回ダノン健康栄養フォーラム

  第19回ダノン健康栄養フォーラムは、平成29年9月9日(土)に有楽町朝日ホールにて開催します。第18回ダノン健康栄養フォーラムにご参加いただいた皆様のご要望も踏まえて検討した結果、今年のテーマは「子どもの健康と食事・栄養」に決定しました。これから母親となる世代(若い女性)の栄養と次世代の健康との関係、各成長段階における子どもの健康と食事・栄養、スポーツをする子どもに対する栄養面からのアプローチなどについて、最新の情報をご紹介する予定です。 なお、事前登録制にてライブ配信も行います。会場にお越しいただける方はもちろん、会場での聴講が困難な方もぜひご参加くだい。
 
 
 
Hall-390x240
 
▽第18回ダノン健康栄養フォーラムの概要は、以下をご覧ください↓
 
 
 
 
 
Our Network Area